top of page
  • 執筆者の写真八田 駿介 エイトベース代表トレーナー

ストレッチの効果とパーソナルジム(パーソナルトレーニング)でやるメリット

皆さん、こんにちは!札幌円山にある【運動初心向けのパーソナルジム】EIGHTBASE(エイトベース)です



ストレッチとは?

ストレッチは、身体の柔軟性を高め、筋肉の緊張を解放する運動方法です。

ストレッチをすることで、関節の可動域が広がり、筋肉の柔軟性が向上します。日常生活での動作がスムーズになり、怪我のリスクを減らすことができます。

ストレッチにはさまざまな種類があり、静的ストレッチや動的ストレッチなど、目的に応じて選ぶことができます。定期的にストレッチを行うことで、身体の柔軟性を保ち、健康的な身体を維持することができます。



静的ストレッチとは?

静的ストレッチとは、特定の筋肉をゆっくりと伸ばして、一定の姿勢を数秒から数分間保持するストレッチ方法です。

この方法は、筋肉の柔軟性を高め、体の可動域を広げる効果があります。運動前のウォームアップや、運動後のクールダウンに取り入れることで、筋肉の緊張を和らげ、怪我の予防や疲労回復に役立ちます。静的ストレッチは、力を入れずにリラックスした状態で行うことが重要で、無理なく自分の体と向き合いながら行います。筋肉にゆっくりと負荷をかけることで、段階的に柔軟性が向上していきます。


動的ストレッチとは?

動的ストレッチとは、体を動かしながら筋肉を伸ばす運動のことです。この方法では、腕を大きく回すなど、体を動かして筋肉や関節の可動範囲を広げます。運動の準備として行うことが多く、体を温めることで怪我のリスクを減らし、パフォーマンスを向上させる効果があります。動的ストレッチは、スポーツをする前に特におすすめです。また、動的ストレッチによって血流が良くなり、筋肉が運動に必要な酸素を得やすくなります。


ストレッチの効果は?


筋肉の柔軟性向上

筋肉の柔軟性を向上させるとは、筋肉を柔らかくして、体がより自由に動けるようにすることです。筋肉が柔らかいと、関節がより大きな動きをしやすくなり、体の動きがスムーズになります。例えば、足を高く上げたり、背中を曲げたりする動作が楽にできるようになります。ストレッチをすることで筋肉に適度な負荷をかけ、徐々に筋繊維を伸ばし、柔軟性を高めます。この過程で血流も良くなり、筋肉への酸素供給が増え、健康な筋肉の維持にもつながります。定期的にストレッチを行うことで、日常生活の動作がより快適になり、運動能力の向上にも繋がります。



怪我の予防

ストレッチによる怪我の予防効果は、筋肉や関節の柔軟性を高めることで体の動きをスムーズにし、運動中の不意な負担から体を守ることにあります。

例えば、サッカーやバスケットボールなどのスポーツでは、急な方向転換やスピードの変化が多く、このとき筋肉や関節が硬いと、ねじれや過伸展などによる怪我のリスクが高まります。しかし、定期的にストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性が向上し、関節の可動域が広がるため、これらの急な動きにも柔軟に対応できるようになります。

また、ストレッチは血流を良くする効果もあり、筋肉への酸素供給と栄養素の流れがスムーズになり、筋肉の回復や維持にも役立ちます。これらの効果が合わさることで、運動中の怪我を予防することができるのです。


疲労回復促進


ストレッチが疲労回復に役立つ理由は、筋肉の緊張を和らげ、血流を改善するからです。運動や日常の活動によって筋肉は緊張し、疲労物質が蓄積します。ストレッチを行うことで筋肉が伸び、筋繊維内の圧力が減少し、疲労物質の排出が促進されます。また、ストレッチによる筋肉の動きは、血液循環を良くする効果もあり、酸素や栄養素が筋肉により効率的に供給されるようになります。これにより、筋肉の回復が早まり、疲労感が減少します。さらに、リラックス効果もあり、心身ともにリフレッシュできるため、疲労回復にはストレッチが非常に有効です。定期的に行うことで、疲れにくい体を作ることが可能になります。


血流改善

ストレッチが血流を改善する効果は、体内の血液循環を促進し、筋肉や組織への酸素と栄養素の供給を向上させることにあります。ストレッチを行うと、筋肉が伸ばされることで血管が広がり、血液の流れがスムーズになります。

この改善された血流により、筋肉に蓄積された疲労物質が効率的に運び出され、酸素や栄養素が筋肉により多く供給されます。結果として、運動や日常生活で疲れた筋肉の回復が早まり、筋肉痛の軽減にもつながります。さらに、血流が良い状態だと、全身の器官や組織の機能をサポートし、身体の健康状態全般を向上させる効果があります。定期的にストレッチを行うことで、体内の血流が促進され、健康な身体を維持することに役立ちます。



姿勢の改善

ストレッチによる姿勢改善効果は、身体の筋肉バランスを整えることにあります。

日常生活での不良な姿勢や同じ体勢の繰り返しは、特定の筋肉に緊張や短縮を引き起こし、姿勢の悪化を招きます。ストレッチを行うことで、これら過度に緊張した筋肉を伸ばし、短縮した筋肉を長く保つことができ、筋肉の柔軟性が向上します。

同時に、姿勢を支える筋肉のバランスが改善され、正しい姿勢を保ちやすくなります。例えば、長時間のデスクワークで固くなった背中や肩の筋肉をストレッチすることで、背筋が伸び、自然と背中がまっすぐになり、良い姿勢を促します。定期的に適切なストレッチを取り入れることで、姿勢不良による体の不調を予防し、全体的な体の健康を促進できます。


ペアストレッチとは?



ペアストレッチとは、二人で協力して行うストレッチの手法です。このアプローチの特徴は、一方のパートナーがストレッチを実施し、もう一方がその動作をサポートすることにあります。この協力により、個人で行うストレッチでは届かない深い伸びを可能にし、より効果的な柔軟性の向上を目指します。

具体的には、サポートするパートナーが、ストレッチを行う人の体を優しく引っ張ったり、押さえたりすることで、安全に限界以上に伸ばすことができます。

ペアストレッチは、相手の体の状態や限界を常に意識し、安全第一で行う必要があります。正しい方法で行えば、互いにとって有益なエクササイズとなります。


 パーソナルジムでストレッチを行うメリット


怪我予防

パーソナルトレーニングにおけるペアストレッチは、怪我のリスクを大きく減らします。筋肉や関節の可動域を拡大し、筋肉のバランスを整えることで、運動時の不意な負担や過剰なストレスから体を守ります。専門のトレーナーの監督のもとで行うため、安全かつ効果的な方法で怪我の予防が可能になります。


柔軟性向上

パーソナルトレーニングでのペアストレッチは、一人では難しい深いストレッチが可能になり、これが筋肉の柔軟性を格段に向上させます。トレーナーが正確な角度で筋肉を適切に伸ばすことで、体の硬さを改善し、より柔軟な体を作ることができます。この方法は、日々の動きをスムーズにし、パフォーマンスの向上にもつなげることが出来ます。


効率的な回復

ペアストレッチは、疲労回復を促進します。トレーニング後の筋肉の緊張を和らげ、血流を改善することで、疲労物質の除去を速め、筋肉の回復を効率的に行います。これにより、次回のトレーニングへの準備が整い、継続的な運動が可能になります。


関連記事はこちらから








EIGHTBASE(エイトベース)完全個室で完全予約制のパーソナルトレーニングジムです。

エイトベースならセッションの前に、お客様個人のカラダに合わせてペアストレッチを必ず行っているので効率よく安心してトレーニングをする事ができます。

また普段運動をしない方、運動が苦手な方にもおすすめのパーソナルジムです。

あなた専用の時間と場所で、トレーニングを存分に楽しんでいただけます。

初めてパーソナルトレーニングを受けられる方やお子様連れの方、60歳以上の方も安心して受ける事が出来ます。



札幌円山

EIGHTBASE(エイトベース)

〒064-0821

北海道札幌市中央区北1条西25丁目3−1 Ⅱ 201号室 MYプラザ円山公園

TEL 090-1309-0472



札幌北円山

EIGHTBASE(エイトベース)北円山

〒064-082

北海道札幌市中央区北3条西23丁目2番15号 LEE SPACE 北円山 3-D

TEL 090-2874-6422


お店のHPはこちらから


閲覧数:15回0件のコメント

Comentários


エイトベース代表トレーナー

八田 駿介

資格
・体感アナトミー体軸コンディショニング
・JCCA公認ストレッチポール トレーナー


経歴
トレーナー専門学校卒業後
フィットネスジム5年勤務
バスケットボール部トレーナー5年勤務
大学フットサル部ヘッドトレーナー8年勤務
パーソナルトレーニングジム9年勤務
2020年にエイトベース開業
2022年2店舗目オープン

年間セッション数1500回以上
セミナー多数受講して常に専門知識を学んでいる.

012-hatta.jpg
bottom of page