top of page
  • 執筆者の写真八田 駿介 エイトベース代表トレーナー

プロテインの効果は?種類や効率的な飲み方についても紹介

皆さん、こんにちは!札幌円山にある【運動初心向けのパーソナルジム】EIGHTBASE(エイトベース)です


今回のブログでは、プロテインの種類や効果的な飲み方などを詳しく解説します。




プロテインとは?基本の知識とその効果


プロテインとは、筋肉の成長や修復に必要な「タンパク質」のことです。健康な体を維持するためには欠かせない栄養素であり、特に運動を行う方にとっては、筋力を向上させ、回復を助けるために重要です。タンパク質は食事から摂取することが基本ですが、十分な量を食事だけで摂取するのが難しい場合には、サプリメントとして利用されます。プロテインを適切に摂取することで、筋肉量の増加、体力の向上、さらには体脂肪の減少にも効果が期待できます。


プロテインの種類(目的別):ホエイ、ソイ、カゼイン


ホエイプロテイン

ホエイプロテインは牛乳から作られ、吸収が早いためトレーニング直後の筋肉回復に最適です。豊富な必須アミノ酸を含み、筋肉増強や体力の回復を効果的にサポートします。特に、重量トレーニングやスピードを要するスポーツを行うアスリートに推奨されます。また、低脂肪で高タンパクなため、ダイエット中の人にも適しています。





ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆から作られ、植物性タンパク質の中で最も栄養価が高いとされています。ホルモンバランスに影響を与えることなく、筋肉の成長をサポートします。特に、乳製品を避けたいヴィーガンや乳アレルギーのある人に適しており、心血管疾患のリスクを低減する効果も期待できます。


カゼインプロテイン

カゼインプロテインは牛乳由来で、体内でゆっくりと吸収される特性があります。就寝前に摂取することで、睡眠中の筋肉分解を防ぎ、長時間にわたり筋肉に栄養を供給します。この持続的なアミノ酸供給は、筋肉の修復と成長を最大化するため、体を大きくしたいボディビルダーや筋トレ愛好家に推奨されます。



プロテインの効果的な摂取タイミングとは?


ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、高速で消化・吸収される特性を持っています。このため、トレーニング直後の「ゴールデンタイム」に摂取することが最も効果的とされており、急速に筋肉の修復と再生が必要なアスリートやフィットネス愛好者に最適です。

筋肉の成長を促進し、回復を早める効果が期待できます。


ゴールデンタイムとは

「ゴールデンタイム」とは、特に運動後の体が栄養素を吸収しやすい時間帯を指します。この期間に適切な栄養を摂取することで、筋肉の修復や成長が促進され、運動効果が最大限に高まるとされています。

具体的には、トレーニング直後の30分から2時間の間がゴールデンタイムとされることが多いです。この時にプロテイン(特にホエイプロテインなどの速やかに吸収されるタイプ)を摂取すると、疲労した筋肉の回復を早め、効率的に筋肉の成長をサポートすることができます。そのため、トレーニング後は速やかにプロテインを摂ることが推奨されています。


ソイプロテイン

ソイプロテインは消化が穏やかで、持続的なタンパク質の供給ができることが特徴です。

そのため、一日のうち好きな時間に摂取しても良いですが、特に朝食時や食間のスナックとして摂取すると効果的です。植物性タンパク質であるため、ヴィーガンや乳製品を避けたい人におすすめで、長時間の満腹感を保つのに役立ちます。


カゼインプロテイン

カゼインプロテインは非常に遅く消化されるため、就寝前の摂取が推奨されます。

一晩中穏やかにタンパク質が放出されるため、睡眠中の筋肉の分解を防ぎ、修復と成長を促進します。長期間にわたる筋肉のサポートが必要なボディビルダーや、夜間長時間無食の間に筋肉を保護したい人に最適です。







プロテイン摂取の科学的根拠と健康への利点

プロテイン摂取の科学的根拠は、多くの研究でその健康への利点が確認されています。例えば、運動生理学の研究によると、特に運動後のプロテイン摂取は筋肉の合成を促進し、回復を早めることが示されています(出典: American Journal of Clinical Nutrition)。

また、プロテインは食後の満足感を高める効果があり、体重管理に役立つとされることが多くの臨床試験で報告されています(出典: Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics)。

さらに、高タンパク食は老化に伴う筋肉量の減少を防ぐのに効果的であることが、ゲロントロジーの研究からも明らかになっています。これらの科学的証拠に基づき、適切なプロテインの摂取は健康維持と体力向上に不可欠であり、日々の栄養管理において重要な役割を担っています。




プロテインの副作用と適切な摂取量

プロテインの適切な摂取は健康に多くの利点をもたらしますが、過剰摂取は副作用を引き起こすことがあります。特に、過度のプロテイン摂取は腎臓に負担をかけ、消化不良や腹部膨満感を引き起こすことがあります。

成人の場合、日本の推奨されるタンパク質摂取量は体重1キログラムあたり約0.8から1.0グラムです。トレーニングを行うアスリートやボディビルダーはこれより多く必要ですが、日々の摂取量を自分の活動レベルや健康状態に適切に合わせることが重要です。

プロテインサプリメントを利用する場合は、自分の体重やトレーニングの強度に応じて量を調整し、栄養バランスを保つことが推奨されます。




まとめ

プロテインは健康維持や体力向上に必須の栄養素です。ホエイ、ソイ、カゼインといった各種プロテインはそれぞれの特性を持ち、適切なタイミングで摂取することが重要です。

バランスの取れた食事と合わせて、プロテインを賢く利用して健康的なライフスタイルをサポートしてください。






EIGHTBASE(エイトベース)完全個室で完全予約制のパーソナルトレーニングジムです。

エイトベースは、健康的な体になるために【睡眠】【運動】【食事】この3つを整えて体を変えていきます。

また普段運動をしない方、運動が苦手な方にもおすすめのパーソナルジムです。

あなた専用の時間と場所で、トレーニングを存分に楽しんでいただけます。

初めてパーソナルトレーニングを受けられる方やお子様連れの方、60歳以上の方も安心して受ける事が出来ます。


札幌円山

EIGHTBASE(エイトベース)

〒064-0821

北海道札幌市中央区北1条西25丁目3−1 Ⅱ 201号室 MYプラザ円山公園

TEL 090-1309-0472



札幌北円山

EIGHTBASE(エイトベース)北円山

〒064-0823

北海道札幌市中央区北3条西23丁目2番15号 LEE SPACE 北円山 3-D

TEL 090-2874-6422


お店のHPはこちらから



閲覧数:11回0件のコメント

Comments


エイトベース代表トレーナー

八田 駿介

資格
・体感アナトミー体軸コンディショニング
・JCCA公認ストレッチポール トレーナー


経歴
トレーナー専門学校卒業後
フィットネスジム5年勤務
バスケットボール部トレーナー5年勤務
大学フットサル部ヘッドトレーナー8年勤務
パーソナルトレーニングジム9年勤務
2020年にエイトベース開業
2022年2店舗目オープン

年間セッション数1500回以上
セミナー多数受講して常に専門知識を学んでいる.

012-hatta.jpg
bottom of page